パワースポット紹介 ビッグアイランド島|ハワイ・スパ・ランキング.com

HOME > ハワイヒーリング&パワースポット紹介 ビッグアイランド島

ハワイヒーリング&パワースポット紹介 ハワイヒーリング&パワースポット紹介

ビッグアイランド島

ビッグアイランド島 ハワイ島で一番若い島だと言われるビッグアイランド島は、1500年前にポリネシア人が上陸した島だと伝えられています。

そのため古代ハワイの文化は深く、ヘイアウや王家にまつわる土地、神聖な埋葬の地、罪を犯した人のための逃れの地など多くの史跡が残されています。それらの場所の多くには「マナ」が宿っているとされ、パワースポットとして現地の人々に大切にされてきました。
そんなビッグアイランド島で是非訪れたいパワースポット、ヒーリングスポットをご紹介致します。

ワイピオ渓谷

島の北部に位置するコハラ山脈にある谷の中でも、最も大きな渓谷です。周りを断崖絶壁に囲まれているこの場所は「王家の谷」と呼ばれ、王家が住むのにふさわしいとされる特別な場所でした。カメハメハ大王も幼少期をこの場所で過ごしたといわれています。
峡谷に沿って流れるワイピオ川が曲がりくねっていることから「曲がりくねった水」とも呼ばれています。
この場所にまつわる伝説や神話は数え切れないほど残されており、いくつものハワイ古来の話がこの渓谷から生まれました。
ワイピオ渓谷は北の次元の扉があるとされるハワイ屈指の神聖な土地であり、ビッグアイランド島内では最も神聖な場所とされているのです。そして、渓谷の崖にある洞穴には、今もたくさんの王が眠っています。
この谷は王達の強力なマナによって守られていると言われ、この谷を度々襲う大洪水に対して一人も命を落とすことがなかったという話が残されています。

モオキニ・ヘイアウ

モオキニ・ヘイアウ 古代から聖地として崇められてきた、ビッグアイランド島北部にある遺跡です。
この場所の出来た由来としては、5世紀頃に戦闘と農業における神である「ロノ」を祀るための神殿として建設されたという説が残っています。当時カメハメハの先祖達は、この場所で豊作を祈願していました。
その後やってきたカフナパアオという高僧によって戦いの神である「クー」を祀るヘイアウとなったそうです。
元々ハワイには人身御供の習慣は無かったそうですが、パアオ以来厳しい戒律が制定され、人身御供が始まりました。 ヘイアウの海側には、今もこの時使われていた石が残されています。遺跡の中には生贄となる人々を捕らえるための専門家である「ムーの館」跡があります。
今でもハワイアンの間では子供が悪いことをすると「ムーが捕まえに来るぞ」と叱ります。
パアオは厳しい掟によって祭壇の下に多くの人を生贄としてささげ、このヘイアウの風格を保ちました。
建設以来、この地は約1000年、モオキニ一族によって守られています。

プウホヌア・オ・ホナウナウ

ハワイ語で「逃れの地」や「聖域」を意味する神聖な歴史公園です。
かつてハワイの王族は、神々の子孫だと信じられていた為に人々を支配するカプ制度を強制出来るような霊力があると考えられていました。
この場所はカプ制度(破ると災いが起きるとされ、背いた者は死刑でした)があった頃、誰にも許しを乞えなかった犯罪者の生き延びられる駆け込み寺として利用できるよう、王族によって作られました。
戦争中は、この聖域に避難した人は子供、老人、女性、病人、全員が救われたと伝えられています。そしてカプ制度も、王族の者が自ら掟を破り、災いがないことを証明したことでカプ制度に終止符を打ちました。
現在は州政府によって再建されており、日本人がイメージするようなハワイならではの白い砂浜と青い海が広がっています。

サウス・ポイント

ハワイ最南端であると同時に、アメリカ合衆国の最南端となる場所です。
この場所にはかつてのタヒチからの移住者によって作られた、カヌーをつないでおくための穴が何千箇所もあり、海岸沿いの岩で見ることが出来ます。
岬の先まで行くと、カラレア・ヘイアウという神殿跡があります。この場所にも供物が捧げられており、今もハワイアンに信仰され続けていることがうかがえます。
この場所には南の次元への扉があると言われており、不思議なエネルギーに満ちているポイントとして紹介されることが多いスポットです。
近くには貴重な緑色の砂がある「グリーンサンドビーチ」があります。この砂の正体はカンラン石で出来た火口が波に飲まれ海となり、波で砕けたカンラン石がこのビーチの砂浜を作っています。
宝石の原石が輝くビーチはまさに幻のような光景です。

ハレマウマウ

フラとジンが大好きな火の女神、ペレの霊が住みついていると言われる、キラウエア山のクレーターです。
ペレは兄弟達と共に、タヒチもしくはどこか南の島からハワイへ渡ってきたと言われていますが、最初に辿り着いたのはニイハウ島だったのだそうです。
その後カウアイ、オアフと島々を南下しますが、ニイハウ島は水の多さが不満でカウアイ島に移りますが、ここも水だらけであったためあちこちを回り、ようやく住むことが出来たのがハワイ島のキラウエアだったのだそうです。
キラウエア山では今も生きた火山の活動を見ることが出来ます。あちこちにあるカルデラから噴出している水蒸気や火山ガスからペレのパワーを感じることが出来ます。
訪れた際は、ペレのものであるとされている火山の石を持って帰らないように注意しましょう。

ハワイのプレミアムなスパ/ロイヤルカイラスパ 体験談募集中

トップページへ

Copyright © Hawaii SPA Ranking.com, All rights reserved.